美味しさの頂点を極める。 美味しさの頂点を極める。

ゆめぴりか
コンテスト

「ゆめぴりか」のブランド力向上と
最高級ブランド米の育成を目指し、
生産者たちは
美味しさを追求し続ける。

極

美味しさを極める。
北海道米の頂点を目指す
「ゆめぴりかコンテスト」。

各産地が「ゆめぴりか」の美味しさを競うコンテスト。
「北海道から、ニッポンの米を。」をスローガンに掲げ、生産技術やおいしさを競う品評会で、2015年にスタートしました。
全道7地区から選抜された米を、さらに厳しい審査にかけ選ばれる「最高金賞ゆめぴりか」。これは、北海道で一番美味しいお米という証です。
「どこよりも美味しい、日本一の米を作りたい」という、生産者たちの想いに終わりはありません。

◎ゆめぴりかコンテスト 歴代地区金賞受賞



2015年度:最高金賞/JA新すながわ[空知地区]

2015年度:金賞/
JA新はこだて[道南地区]、 JAようてい 蘭越地区[後志地区]、 JAにいかっぷ[日胆地区]
JA新しのつ[石狩地区]、 留萌管内[留萌地区]、 JA当麻[上川地区]   



2016年度:最高金賞/JAびらとり[日胆地区]

2016年度:金賞/
函館育ち[道南地区]、 JAようてい 蘭越地区[後志地区]、 JA北いしかり[石狩地区]
JAそらち南[空知地区]、 留萌管内[留萌地区]、 JAあさひかわ[上川地区]   



2017年度:最高金賞/留萌管内[留萌地区]

2017年度:金賞/
JA新はこだて[道南地区]、 JAきょうわ[後志地区]、 JAしずない[日胆地区]
JAいしかり[石狩地区]、 JAながぬま[空知地区]、 JA上川中央[上川地区]   



2019年度:最高金賞/JAようてい 蘭越地区
[後志地区]
、JAひがしかわ[上川地区]

2019年度:金賞/
JA門別[日胆地区]、 JAいしかり[石狩地区]、 JAいわみざわ[空知地区]
留萌管内[留萌地区]   


  • 2020年 全道コンテスト 最高金賞ゆめぴりか JA門別(日胆地区)

最高金賞は「JA門別(日胆地区)」

生産から販売まで一体となり「ゆめぴりか」の品質維持・ブランド化に取り組む北海道内各地の生産者による協議会やJAなどで構成する「北海道米の新たなブランド形成協議会」は11月25日(水)、ホテルモントレエーデルホフ札幌にて「ゆめぴりかコンテスト2020」を開催しました。
新型コロナウイルスの影響下、初の会場内無観客・オンライン配信開催となった同コンテストは、全道7地区(道南地区、後志地区、日胆地区、石狩地区、空知地区、留萌地区、上川地区)で行われた地区コンテストの「地区金賞」受賞による全道コンテストで、川村審査委員長をはじめ5名の審査員による厳正な審査を行いました。
今回の審査も例年同様に大変僅差となりましたが、「JA門別(日胆地区)」が最高金賞を受賞いたしました。

この「ゆめぴりか」は、「最高金賞 ゆめぴりかシール」が貼付され、12月以降に数量限定で一般発売をいたします。

【 全道コンテスト審査委員 】

審査委員長
北海道大学 食品加工工学研究室 研究員  川村周三
審査委員
  • 株式会社 千野米穀店 代表取締役 德永 善也 氏(五つ星お米マイスター)
  • 北海道立総合研究機構 上川農業試験場 研究主幹 宗形 信也 氏
  • 管理栄養士・フードコーディネーター りさ 氏
  • ホクレン農業総合研究所 食品流通研究課 飯野 遥香 氏
  • 株式会社 千野米穀店 代表取締役
    德永 善也 氏(五つ星お米マイスター)
  • 北海道立総合研究機構 上川農業試験場 研究主幹 宗形 信也 氏
  • 管理栄養士・フードコーディネーター りさ 氏
  • ホクレン農業総合研究所 食品流通研究課 飯野 遥香 氏